犬の毛色と毛種による分類

分類が複雑な、毛色と毛種についてまとめました。

犬の桜苑・神戸星陵台店

兵庫県神戸市垂水区星陵台4丁目4-31
ホームセンターアグロ神戸星陵台店内
TEL 078-784-4600
営業時間 9:30~19:00

犬の毛色の分類

犬の毛色は実に様々なバリエーションがあります。そしてその毛色に毛種が複雑に絡み、毛色と毛種による分類は大変複雑になっています。

毛色の表記はほとんどが飼い主の申請によって決まります。毛色は、成長過程で変わるものもあるので、その経過を知らない人が申請すると子犬の時の毛色表記と全く違う毛色になってしまったり、遺伝的要素を表すため見た目と異なる色表記になっている場合などもあります。

全く違う場合は毛色を申請し直すと言うこともありますが、たいていの場合あまり問題にはなりません。しかし、売る目的(売りやすい人気の毛色と偽るためなど)で嘘の申請をした(たとえばチワワの場合現段階ではブルーとブルーフォーンでは、販売価格が倍以上も違うほど価値が違います。それは成犬になった時にブルーフォーンでは下記に記された理由により退色が進みブルーが消えてしまうからです。子犬の時は知識がないと知らずに買ってしまいます。)などの場合それによってトラブルになることがありますのでご注意下さい。

犬の毛色は子犬時と大人時の色が変わるものがあり、同じ毛色でも犬種によって呼び名が違ったり、同じ色でも毛の長さの違いで雰囲気が変わります。

犬の毛色の基本

犬の毛色は、茶、黒、白の三色が基本となります。体全体が一色の毛色をソリッド(単色)と言い、単色の色で圧倒的に多いのは赤(赤茶色)を基調とする茶系の犬です。動物の毛色を表す時、たいていの場合、茶色をブラウンとは呼ばずレッドと呼んでいます。

犬の毛色は、基本になる毛色に変異した遺伝子が関わって、独特の毛色を表現色として表します。そこで元の色(基本色)は何かが推測できると、次世代の毛色の予測ができます。

犬の毛色の系統

ホワイト系統
ワイトとは体毛の中に色素をほとんど含まない白い毛色を指します。遺伝子の異常によって色素が欠落した個体のことを「アルビノ」(albino)と呼び、同じく真っ白な毛をもっていますが、遺伝子の異常がない個体は眼の周囲や鼻、眼の色に黒を含んでいるため識別は可能です。また、肩甲骨(けんこうこつ)の間にややクリームがかった毛色が発現するという特徴からも判別できます。
ブラック系統
ブラックとは真っ黒な毛を指します。加齢に伴い白髪が増えてくると、特にマズル辺りで黒と白が交じり合い、うっすらと灰色を示すことがあります。
ブラウン系統
ブラウンとは茶色、もしくは茶色に近い毛色を指し、ブラウン系統に入る色としてはチェストナット〈赤褐色〉、マホガニー(赤褐色~栗色)、リバー(濃い赤褐色)、ダークブラウン(こげ茶色)、チョコレート、グレーブラウンなどがあります。チェサピークベイ・レトリバーの毛色は「極力作業する環境に溶け込む色」とされており、特別な用語として「Sedge」(スゲ色)や「Deadgrass」(枯れ草色)なごが用いられることもあります。
レッド系統
レッドとはやや赤みがかった毛色を指し、チェストナット〈赤褐色〉、トーニー(黄褐色)、オレンジ、ローン、ラスト、レッドゴールド、マホガニーレッド、レディッシュブラウン、ブロンズ、シナモン、タン(褐色)、ルビーなどを含みます。
ゴールド系統
ゴールドとは、ゴールデンレトリバーに見られるような、黄色にやや赤味がはいったような淡い金色を指します。イエローゴールド、ライオンカラー、フォーン(茶色がかった金色)、アプリコット、ウィートン(小麦色)、ストロー、イエローレッド、マスタード、サンディ、ハニーなどがこの系統です。
イエロー系統
イエローとはラブラドールレトリバーに見られるような黄色い毛色を指します。ブロンドやレモンがこの系統です。
クリーム系統
クリームとはイエローとホワイトの中間に位置する、淡い黄色を指します。定義づけが難しいため、人によってはホワイトに分類したり、逆にイエローの一種に位置づけることもあります。
グレー系統
グレーとは灰色の毛色を指し、ダークグレー、ペイルグレー、シルバー、ペッパー、グリズル、スレイト、スティール、などがこの系統に入ります。
ブルー系統
ブルーとは「青空」に見られるような鮮やかな青色ではなく、やや暗めで金属的なグレーを指します。

犬の毛色

黄褐色から緋赤まで、日本犬特有の色

赤胡麻

赤に黒の差し毛が入っている

赤虎

赤に黒の縞模様が入っている

アプリコット

あんず色。赤みがかった黄色

イエロー

薄い茶色

イザベラ

薄い栗毛色

ウィートン

小麦色。薄い黄色がかった色

ウルフ・グレー

茶褐灰色や黄灰色の先端が黒くなっている

オレンジ

橙色や薄いタン

グリズル

グレーが青みがかったもの

クリーム

乳白色

グレー

灰色、ダークグレーやシルバーグレーなど

黒胡麻

胡麻よりも黒の差し毛の割合が多いもの

黒虎

黒に赤毛の縞模様が入っている。虎よりも黒の割合が多いもの

ゴールデン

金色

胡麻

白と黒が半々に入っている

サンディ

砂色

シルバー

グレーと銀色の間のような色

スレートブルー

灰色がかったブルー

セーブル

薄めの色に黒い毛が入っている

ソリッド

単色。一色のこと

タン

黄褐色

チェスナット

栗色や赤褐色

チョコレート

濃い赤褐色。こげ茶色

白に黒の縞模様が入っている。日本犬特有の色

トライカラー

白、黒、タンからなる三色

パーティカラー

白にはっきりとした斑がある

ハールクイン

白に黒や青灰色の斑がある

ビーバー

ブラウンとグレーの混ざった毛色

ビスケット

薄いクリーム色

ピュアホワイト

純白

ファロー

淡い黄色

フォーン

金色がかった茶色

ブラウン

褐色、茶褐色

ブラック

ブラック&タン

黒に規則的なタンの斑がある

ブリンドル

基本の色に違う色の差し毛がある

ブルー

ブルーマール

ブルーや黒、灰色の混ざった大理石のような毛色

ブルーローン

ブルーに白が少し混ざっている

ペッパー

青みがかった黒胡麻から薄いグレー

マホガニー

赤褐色に近い栗色

ラスティレッド

赤みがかったサビ色

ルビー

濃いチェスナット

レッド

赤。赤みがかった褐

レッド&ホワイト

赤茶と白の二色

レバー

濃い赤褐色

ローン

基本の色に白い毛が少し混ざっている毛色

犬の毛色のパターン

タン
英語で黄褐色という意味。薄いものをライトタン、濃いものをリッチタンという。タンは、全体的な毛色の茶系色とは違い、眉、尻尾の裏、足、頬などだけに限定して現れるものを区別してタンと呼ぶ。
バイカラー
2色で構成された毛色のこと。
トライカラー
黒と白とタンの3色からなるもの。
マール
同系色の明るい背景色に暗いパッチの大理石模様のこと。一般的には黒のフレックとブルー・グレーの配色のことをいう。
タキシード
タキシードとはバイカラーの一種で、単一の地色(通常は黒)を有し、顎の下と腹部に「シャート・フロント」(shirt front)と呼ばれるワイシャツのような白いパッチの入ったパターンのこと。
ハーレクイン
白地に黒(もしくはブルー)のまだら模様が入ったパターン。
スポット
小さい斑のことで、二色の違う色の組み合わせのこと。
ローン(ベルトン、スペックル)
地の色の中に白い毛がほんの少し入り混じっている毛色。
ブリンドル
黒、茶色、タン、ゴールドなどの毛色が、虎の縞模様のようなパターンを織り成した毛。
シェード
一本の毛の根元側と毛先側とに濃淡がある被毛。
サドル
背中の中央部分に、地色よりも濃い毛が覆いかぶさったパターン。
セーブル
イエロー、シルバー、グレイ、タンなどの地色の中に、先端だけが黒い毛がところどころ混じったパターン。
パーティカラー
白地にはっきりと区別できる1-2色の斑点があるパターン。
アイリッシュカラー
ハルクイン
斑・斑点
地色とは違う色や濃さの模様がちらばること。マーキングともいう。
裏白(ハスキー柄)
毛の裏側が白くアンダーコートも白っぽい。シベリアンハスキー、日本犬などに良く見られる。
マスク
吻や額の前部にある黒い部分のこと。ボクサーやマスティフなどの犬種に見られる特徴の一つ。
コンビネーション
二色の違う色の組み合わせのこと。
飾り毛
おもに耳や四肢、尾などにある長い被毛のこと。
差し毛
オーバーコートの上に生えるまばらな被毛のこと。
ダップル
数色で斑をつくっていること。
ブレーズ
白い斑が両目の間を通っていること。

犬の毛周期(もうしゅうき)

毛周期(もうしゅうき)とは一本の毛が生え始めてから抜け落ちるまでのサイクルのことです。

一般的には成長期-退行期-休止期からなり、成長期において新しく出来た毛が古い毛を毛穴から押し出すことで脱毛(だつもう/shedding)が起こります。

外気温が高くなり始める春先になると脱毛が始まり、逆に秋ごろになると毛の成長が促進されて冬の到来に備えます。これらの時期を「換毛期」(かんもうき)と呼ぶこともありますが、犬種によっては年に二回、もしくは一年中脱毛し続けるものもいます。

通常犬の毛は一定の長さになると成長をやめますが、犬種によっては毛が果てしなく伸び続けるものもいます。代表例は以下ですが、これらの犬種は定期的なトリミングが望まれます。

犬の毛の生え方

ヘアレス
被毛のないタイプのこと。
シングルコート
アンダーコートがなく、オーバーコートだけの被毛のこと。
ダブルコート
オーバーコートとアンダーコートの二重の被毛のこと。

犬の毛の種類

アンダーコート
保温のため、柔らかく、密生する下毛のこと。秋には生え始め、初夏には抜ける。
オーバーコート
上毛のこと。張り毛、並み毛ともいわれる。アンダーコートと違って硬い。
ショートヘアー(スムース)
ミディアムヘアー
ロングヘアー
ワイヤーヘアー
針金状の粗い毛質のこと。ラフヘアードということもある。
カーリー
カール(巻き毛)した毛質のこと。
コーデッド(コーデド)
冷水から体を守るために、被毛が発達してロープ状(縄状)になっている。

子犬、子猫のことならペットショップ【犬の桜苑】におまかせください!

犬 取り扱い品種

猫 取り扱い品種

ペットショップ【犬の桜苑】 岡山本店

〒711-0906 岡山県倉敷市児島下の町9-1-8
TEL 086-472-7272
営業時間
平日 10:00~17:30
木・日曜 10:00~16:00
犬の桜苑 岡山本店

ペットショップ【犬の桜苑】 神戸星陵台店

〒655-0038 兵庫県神戸市垂水区星陵台4丁目4-31
ホームセンターアグロ神戸星陵台店内
(ショッピングプラザ エスパ星陵台)
TEL 078-784-4600
営業時間 9:30~19:00

代表者 杉谷雄二郎    動物取扱責任者 野島真理子
動物取扱業登録番号:販売業 06210247    保管業 06220248

犬の桜苑 神戸星陵台店 イベント情報・営業カレンダー

HOME目次▲上へ▲

inserted by FC2 system