初めての子犬

初めて犬を飼う!!
犬を購入した当日にすること。犬を連れて帰ってから数週間の間に注意することをまとめました。

犬の桜苑・神戸星陵台店

兵庫県神戸市垂水区星陵台4丁目4-31
ホームセンターアグロ神戸星陵台店内
TEL 078-784-4600
営業時間 9:30~19:00

このページの目次

ペットと暮らそう:はじめての子犬

ペットと暮らそう:室内犬と暮らす

ペットと暮らそう:はじめての子猫!

「いぬのきもち」「ねこのきもち」

ペットシーツやペットフード

初めての子犬、主役のワンちゃんはストレスがいっぱい

犬を購入した当日は、買ったばかりの子犬を連れてのショッピングは控えて下さい。犬を購入するまでに、犬を飼うための準備を済ませておいて下さい。
犬を飼うための準備・必要なペット用品

店頭の子犬は、親、兄弟から離されて、ようやくショップのケージになれてきたばかりです。そして、毎日、たくさんのお客様に見られることもストレスになっています。

そんな、ペットショップでの生活にも慣れてきた頃に、新しい飼い主様に買われていきます。

新しい飼い主様は、子犬にとっては「知らない人」です。お子様連れの場合には、大きな声ではしゃぐお子様の姿に「恐怖」を感じているかも知れません。

「知らない人」に「知らない場所」へ連れて行かれるわけですから、子犬にとって、これ以上のストレスはありません。

犬の居場所になれさせる

子犬を購入した後は、できるだけ早く今後生活する場所へ連れて行ってあげて下さい。そして、子犬の家、寝床、トイレの場所へ案内してあげて下さい。

親、兄弟やショップの仲良しの友達から離された子犬は環境の変化に敏感で、ちょっとしたことで下痢をしたり、食事をしなくなったりします。

新しいお家に来てからは、少なくとも、数日は、お散歩に行ったり、家族以外の人に合わせたりすることは控えて下さい。できれば、1週間以上は新しい環境でゆっくり好きなようにさせてあげて下さい。

トイレのしつけもしなければなりませんが、新しい環境や家族になれるまでは、強く強要せず、あまりストレスを与えないようにして下さい。

体調に問題がなければ、外の空気に触れさせることも大事です。窓を開けて外の景色を見せたり、お庭があれば抱っこしたまま、お庭に出てみたりするのもいいでしょう。

ニューオーナーシンドロームってなに?

「ニューオーナーシンドローム」といわれる症状は、新しい飼い主様に引き取られて、環境が変化したことによって発症します。

特に重大な病気というわけではなく、ストレスが原因となって、ごく軽いうつ状態になることを言います。

主な症状は、「下痢」、「嘔吐」、「食欲不振」、「どこも悪くないのに何となく元気がない」、などです。

新しい環境に変わってから1週間ぐらいまでの間に発症することが多く、新しい環境になじんでくると自然に治りますが、まれに、長引くこともあります。

長引くときには、脱水症状や低血糖、また、免疫力が低下し、感染症などの疾病を発症する場合もあります。不安な場合には動物病院での受診をお勧めします。

「ニューオーナーシンドローム」かな?と思ったら、最低でも数日は犬には触らず、できるだけ長い時間、姿の見える場所にいて、時々声をかけてあげて下さい。

構い過ぎるのはよくありませんが、ひとりぼっちで寂しさを感じさせることもよくありません。

お子様がいる家庭では、お子様が子犬に構い過ぎないよう注意して下さい。お子様の大きな声も子犬にとってはストレスになります。

初めて犬を飼う方やお子様にありがちなのは、「お手」や「おすわり」、「まて」などを強要してしまうことです。子犬がきてから最初の数週間は、自由に行動させ、しつけは、家族とのスキンシップにストレスを感じなくなってからにします。

犬が落ち着いてくると、いろいろな物に興味を持ち始め、次第に、活発に行動するようになります。

スキンシップは、その頃からはじめ、様子を見ながら少しずつ時間を延ばしていきます。

本格的なしつけは、その頃から始めます。

犬の性格にもよりますが、人見知りしない元気な子犬は、購入した当日から、新しい飼い主様にスキンシップを求めてくる場合もあります。その場合には、子犬と一緒に遊んであげて下さい。

その場合でも注意しなければならないのは、「犬のペースにあわせる」ことです。

最初の数週間は、「遊びたいときに遊ぶ」、「寝たいときに寝る」など、犬のペースにあわせて下さい。

「えさを食べているときに触る」、「寝ているときに抱き上げる」、「興味を持たないのにおもちゃで遊ぶことを強要する」など、ストレスとなることはできるだけしないようにします。

元気な子犬でも、外見では分からなくても、多少なりともストレスは感じています。遊びすぎには注意してあげて下さい。また、興奮しすぎて脱水症状や低血糖にならないように注意し、新鮮な水をいつでも飲めるようにしてあげて下さい。

ケースバイケースですので、注意深く観察して、子犬に接するようにして下さい。

初めて犬を飼う方は、最初の数週間は何をしていいのか、分からない場合が多く、「子犬との接し方」や、「病気かも知れない」、などの相談の電話があるのも、この時期に集中します。個々の状況に合わせて、お話させて頂きます。緊急を要する場合もありますので、ご遠慮なくお電話下さい。

何もかもが初めての体験

首輪やハーネスをするのは、家族や新しい環境に慣れてきた頃にします。首輪やハーネスをいやがるようでしたら、無理につけたままにせず、時間をかけてならしてあげて下さい。

首輪やハーネスに慣れれば、いよいよお散歩デビューです。この頃には、新しい飼い主様にもすっかり慣れて、懐いてくる時期だと思います。

子犬と飼い主に信頼関係ができてくれば、子犬は外的ストレスに強くなってきます。

初めてのお散歩

初めてのお散歩は、遠くへは行かず、玄関先で済ませます。まずは、自分の住んでいる環境を覚えさせます。

元気で活発なワンちゃんでしたら、好奇心に任せて、行きたいところへ行かせてあげてもいいと思います。臆病なワンちゃんは、抱っこしたままでもかまいません。少しずつならしていけば大丈夫です。

臆病なワンちゃんは、お子様には任せず、大人の方がお散歩させてあげて下さい。初めての散歩で、無理にリードを引っ張ったりすると、リードにつながれることをいやがるようになります。

最初は様子を見ながら10分~30分程度にして、毎日のお散歩で、少しずつ時間と距離を伸ばしていくようにします。

交通量の多い道に面していたり、人通りの多い街中など、近所に安全な場所がない場合には、近くの公園までキャリーバッグなどに入れて連れて行ってあげて下さい。

人通りや車の多い場所を歩かせるのは、もう少し大きくなってからの方がいいでしょう。

子犬にとっては、何もかもが「初めての体験」です。一度にいろいろなことをせず、ゆっくりとならしていきましょう。

関連ページ

子犬、子猫のことならペットショップ【犬の桜苑】におまかせください!

犬 取り扱い品種

猫 取り扱い品種

ペットショップ【犬の桜苑】 岡山本店

〒711-0906 岡山県倉敷市児島下の町9-1-8
TEL 086-472-7272
営業時間
平日 10:00~17:30
木・日曜 10:00~16:00
犬の桜苑 岡山本店

ペットショップ【犬の桜苑】 神戸星陵台店

〒655-0038 兵庫県神戸市垂水区星陵台4丁目4-31
ホームセンターアグロ神戸星陵台店内
(ショッピングプラザ エスパ星陵台)
TEL 078-784-4600
営業時間 9:30~19:00

代表者 杉谷雄二郎    動物取扱責任者 野島真理子
動物取扱業登録番号:販売業 06210247    保管業 06220248

犬の桜苑 神戸星陵台店 イベント情報・営業カレンダー

HOME目次▲上へ▲

inserted by FC2 system