猫ブームとネコノミクス 猫が犬を逆転!?

犬と猫、あなた犬派?猫派?どっちがいい?猫が犬を逆転!?止まらない猫ブームで飼育数が犬を上回るのか?ペットブーム、猫ブームと言われて久しいですが、ネコが激増したわけではなく、犬が激減!!むしろペットの総数は減っている!?空前の猫ブームで「なめ猫」のシングルレコード「なめんなよ」がCDで復刻!!写真集も発売中!!

犬の桜苑・神戸星陵台店

兵庫県神戸市垂水区星陵台4丁目4-31
ホームセンターアグロ神戸星陵台店内
TEL 078-784-4600
営業時間 9:30~19:00

猫ブーム

近年、ネコをお探しのお客様が増えてきました。ちまたでは「空前の猫ブーム」と言われています。しかし、猫の飼育数はそれほど増えてはいないようです。

ドラマ、映画、アニメ、テレビCMなど、毎日のように猫の映像を目にします。インターネットの動画投稿サイト「YouTube」でも、「猫」で動画を検索すると、「犬」の検索結果の約1.5倍もヒットします。

猫のCMもよく見かけるようになりました。猫が主役のCMからちょい役のCMまであわせると、かなりの数が放送されています。

じゃらんの「にゃらん」、Y!mobileの「ふてネコ」、YKK APの「マッサージする猫」、ライザップの「でぶネコ」など、かわいい猫からぶさかわ猫まで、猫好きにはたまらないCMが増え続けています。

猫を主役にしたテレビドラマやCMは、今に始まったことではなく、昭和初期頃にはもうすでにありましたが、当時は犬ほどの市民権を得ることは出来なかったようです。

昭和の中期には、「トムとジェリー」、「ドラえもん」、「ハローキティ」など、猫をモデルにしたアニメやキャラクターが登場し、人気を博しましたが、それでも猫ブームに至ることはなかったようです。

もっとも、昭和以前は、日本で猫と言えば「化け猫」、「猫又」などを連想させるため、あまり猫に人気が集まらなかったのかも知れません。

また、昭和初期から中期の高度成長期には、「庭付きのマイホームで犬を飼う」のが一つのステータスになっていたこともあり、「裕福でゆとりのある生活」をアピールするには、猫では役不足だったのかも知れません。

犬のCMと言えば「サントリーウイスキー トリス 雨と子犬」に出ていた子犬の「トリス」を思い出します。哀愁のあるCMが強烈に印象に残っています。

ペットと暮らそう:室内犬と暮らす

ペットと暮らそう:はじめての子猫!

「いぬのきもち」「ねこのきもち」

ペットシーツやペットフード

犬と猫の飼育数の遷移

ペットフード協会の犬、猫の飼育実態調査によると、犬の飼育頭数は約991万7000頭、猫の飼育匹数は約987万4000匹となっており、近く猫の飼育匹数が犬の飼育頭数を上回ると予想されています。

5年前の2011年の調査では、犬が約1193万頭、猫が約960万匹で、その差は約230万匹。それが5年間で、その差が約4万匹にまでなりました。

これは、猫がそれだけ増えたと言うのではなく、それ以上に犬が大きく数を減らしています。

この5年間で、猫は約30万匹増えただけなのに対し、犬は約200万頭も数を減らしています。

猫の飼育数は、この5年間では増えていますが、10年前と比較すると340万匹も減っています。

犬と猫の飼育数の遷移

犬と猫の飼育数の遷移

ペットの総数は減少

猫ブームと言われているからには、ペットの飼育数も増えているのかと思いきや、2008年をピークに減り続けています。

先ほども書きましたが、ネコを飼う人は増えているのですが、それ以上に犬を飼う人が減っているのです。

ペットフード協会の犬、猫の飼育実態調査

年度総数
2004年1246万1037万2283万
2005年1307万1009万2316万
2006年1209万960万2169万
2007年1252万1019万2271万
2008年1310万1089万2399万
2009年1232万1002万2234万
2010年1186万961万2147万
2011年1194万961万2155万
2012年1153万975万2128万
2013年1087万974万2061万
2014年1035万996万2031万
2015年992万987万1979万

ネコノミクス

近年、犬の飼育頭数が数を減らす一方で、猫は大幅に飼育匹数を増やしてきました。

それによる経済効果は、2015年度で約2兆3000億円を超えるとの試算があります。

猫ブームの経済効果は、ちょうど内閣総理大臣の安倍晋三が提唱する「アベノミクス」と時期が重なることから、「ネコノミクス」と呼ばれるようになりました。

猫ブームの理由

ネコがブームとなった背景には、猫は犬と違って「散歩をしなくてもいい」、「気が向いたときだけ遊ぶ」、「しつけが楽 ※1」、「経済的な負担が軽い」、「住環境を整えなくてもよい」、「昼間、飼い主がいなくてもひとりで過ごせる」、「多頭飼いの負担が少ない」など、犬ほど飼育に手間が掛からないのことが要因の一つとなっているようです。

また、飼育にかかる費用も、「猫は犬の約半分で済む」という調査結果もあります。

大きな声では言えませんが、猫は、犬のように大きな声で鳴くことも少なく、歩くのも静か。そして、散歩などで外に出す必要もなく、ペット不可のマンションやアパートでもこっそり飼うことが出来るのも、ネコの飼育匹数が増えている背景にあるのかも知れません。

また、猫ブームの火付け役となった和歌山電鐵貴志駅の駅長に就任した三毛猫の「たま」をはじめとして、近年では、テレビCMや動物番組などで猫が取り上げられることが多くなったのも、猫ブームに拍車をかけています。

猫ブームの元祖と言えば、「なめ猫」を思い出す方もおられるかも知れませんが、「なめ猫」は作られたキャラクターで、動物愛護など色々な問題も抱えていたため、飼育匹数を増やすようなブームには至らなかったようです。

そんな「なめ猫」ですが、発売から35周年と言うことで、「なめ猫」のシングルレコード「なめんなよ」がCDで復刻されます。

※1 「しつけが楽」
「しつけが楽」というより、「しつけに不向きな動物」と言った方が正確かも知れません。

ネコは犬と違って単独で行動することが多く、「他」とある程度の距離を置いて生活します。したがって、犬のような「厳格なしつけ」を嫌います。

トイレや寝床、爪とぎなどの場所は、しつけをしなくともネコ自身が決めます。飼い主はそれに必要な道具を用意するだけで十分です。

また、ネコは、「やってはいけないこと」をしたときに叱っても、同じことを繰り返します。

何回も叱られているうちに「やってはいけないこと」を理解しますが、飼い主がいないときにはやってしまいます。

これは、ネコは「やってはいけないこと」を覚えるのではなく、「これをやれば叱られる」ことを覚えるのです。つまり、ネコにとって、飼い主がいないときには「やってはいけないこと」ではなくなるのです。

2月22日は猫の日

猫の日は、猫の日実行委員会が一般社団法人ペットフード協会と協力して、「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日を」と言う趣旨で、1987年に制定された記念日です。

2月22日が選ばれた理由は、猫の鳴き声の「にゃん」「にゃん」「にゃん」と日本語の「2」「2」「2」の語呂合わせにちなんだもので、全国の愛猫家からの公募によって決められました。

ちなみに、犬の日は同じく社団法人ペットフード協会が、1987年に「11月1日」を犬の日をとすることを制定しています。

近年では、「2月22日」と直近の土日には全国各地で猫イベントが開催されています。

猫カフェ・猫喫茶

猫カフェ・猫喫茶は、放し飼いにされた猫とふれあえることが出来る喫茶店で、日本では2004年に始まったとされています。

子犬、子猫のことならペットショップ【犬の桜苑】におまかせください!

犬 取り扱い品種

猫 取り扱い品種

ペットショップ【犬の桜苑】 岡山本店

〒711-0906 岡山県倉敷市児島下の町9-1-8
TEL 086-472-7272
営業時間
平日 10:00~17:30
木・日曜 10:00~16:00
犬の桜苑 岡山本店

ペットショップ【犬の桜苑】 神戸星陵台店

〒655-0038 兵庫県神戸市垂水区星陵台4丁目4-31
ホームセンターアグロ神戸星陵台店内
(ショッピングプラザ エスパ星陵台)
TEL 078-784-4600
営業時間 9:30~19:00

代表者 杉谷雄二郎    動物取扱責任者 野島真理子
動物取扱業登録番号:販売業 06210247    保管業 06220248

犬の桜苑 神戸星陵台店 イベント情報・営業カレンダー

HOME目次▲上へ▲

inserted by FC2 system